まりものメモ帳

なぐり書き

ぼくのかんがえたさいきょうのフォント

タイトル詐欺です。
どうもーまりもです。特にやることが無いので(あるんだけど)何かつらつらと書いていきたいと思います。
今回は全く中身の無い記事となってます。
フォントってありますよね。そうフォントです。あの文字のやつ。あれってアレですよね…自分にこれだ!って来る奴が無いんです。なんで無いんでしょうかね。おかしいですね。
僕の好きなフォントってアレなんですよ、Linuxのデフォルトのフォントが好きなんですよ。どれだよって感じなんですが言葉には表せないんですけどあのまるっってした感じが好きで好きで探してるんですけどどれもビシって来るのが無いというか。近いのはあるんです。Noto CJKっていうんですけど。特に自分が今好きなのはNoto Sans Mono CJK JP Regularですね。
f:id:admarimoin:20180728162632p:plain
↑多分全部Noto Sans Mono CJK JP Regular
いやこれ凄い好きです。日本語の形も良くてコード書く時もこのフォントを使います。結構前にこのフォントでレポートを書いてたんですけど、本文フォントは明朝体が望ましいと言われてしまい今は泣きながらNotoの明朝体を使ってます(名前忘れた)。ちなみにNotoってNo Tofuの略なんですよ…知ってましたか?フヒッフヒヒヒ…

フォントを全く気にしない人には違いとかよく分からんって感じなのでしょうか。でもやっぱりフォントって違うんです。パッとしないフォントって気分もぱっとしません。比較画像を見て下さい。
f:id:admarimoin:20180728164331p:plain
全く、とまでは言わずとも違うところがいっぱいありますよね?例えば半角文字、同じSans系でも文字の広さや高さが違います。このようにフォントって比べてみなきゃ分からないことがあります。どうですか?面白くないですか?俺は面白いです。
脳死でデフォルトのフォントを使っている人とかは自分の好きなフォントを見つける、というよりフォント漁りをしてみてください。意外と違ったりして面白いですよ。

以上でこの変な話は終わりです。構成も何も考えずにその場の思いつきで書いてるので支離滅裂な部分が多くて、ごめんなさい。なお毎回構成とかは考えていない模様。